CJ Entertainment Japan

上映中

アシュラ

アシュラ

この修羅の果ては、闇か 光か。

堕ちていく2人の男と権力にしがみつく狂気、そして、歪んだ正義を貫く鬼。 

欲望に駆られた男たちの生き残りを掛けた闘争。この修羅の先にあるのは、光か闇かー

 

MUSA-武士-』で時代劇の概念の変えたキム・ソンス監督が、『オールド・ボーイ』『チェイサー』を超える韓国ノワールの新境地を切り開いた。韓国では公開初日動員歴代No.1(※)を記録し、第41回トロント国際映画祭では観客に痛烈な衝撃を与えた『アシュラ』がついに日本に上陸する。再開発の利権を巡り狂気に走る市長と、利用される刑事たち、そして彼らを執拗に追う検事たちの闘争を描いた本作。破滅へと向かう男たちの儚さと哀愁を見事に写し出した世界観は、巨匠ナ・ホンジン監督さえも絶賛させた。映画史上最高に哀しく刺激的な<悪>が奏でる狂想曲、ノワールエンタテインメントの最高傑作がここに誕生した。

青少年鑑賞不可作品のおいて

 

ラスト40分、正義は霞んで消え失せる。

 

悪人たちが喰らい合う地獄絵図を完成させるのは韓国最高の演技派である4人の男たち。重病の妻のため正義を捨てた汚職刑事に『グッド・バッド・ウィアード』のチョン・ウソン、私利私欲に溺れる市長には『国際市場で逢いましょう』のファン・ジョンミン、市長の下で悪の味を覚えていく後輩刑事に『私は王である!』のチュ・ジフン、善と悪の見境を失くした検事に『弁護人』のクァク・ドウォン。極限状態の中で、破滅へとひた走る男たちの危険な色気。そして全員の狂気がぶつかり合う仁義なきラスト40分。絶対的な悪の前に正義が霞む究極の“修羅場”に、男女の区別なく観客の心を揺さぶり、魅了する。

脚本/監督: キム・ソンス

出演:ファン・ジョンミン、チョン・ウソン、チュ・ジフン、クァク・ドウォン、チョン・マンシクほか


公開日:2017年3月4日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開

©2016 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved

キム・ソンダル 大河を売った詐欺師たち

キム・ソンダル 大河を売った詐欺師たち

王も逆賊もすべてを騙す、華麗なる罠- 

この勝負だけは、負けられない理由がある。

朝鮮時代、清との戦いから生き残った1人の男、キム・ソンダル。「一度は死んだ人生、後は自由に楽しむだけだ!」と3人の仲間と共に大胆不敵な手口で権力者から金品を奪いとり、稀代の詐欺師集団と全国から追われていたが、ついには私利私欲のために民を売る絶対権力者と命がけの対決までに発展。“誰のものでもない大河を売る”前代未聞の計画は、やがて国家を巻き込み想像を絶する戦いへと繋がっていく-。韓国では誰もが知る説話に登場する伝説の詐欺師キム・ソンダル。説話内では経験豊かな老詐欺師であるが、本作では若く美しく、さらにはセクシーを兼ね備えたキャラクターとして大胆にアレンジ。全く新しい時代劇エンタテインメントが誕生した!

 

この詐欺師、金塊を盗み、大河を売り、そしてあなたの心も盗みます

 

天才的な頭脳と度胸を併せ持つキム・ソンダルには、子役時代から注目され『ブラインド』「会いたい」などイケメン俳優で知られるユ・スンホ。巧みな変装の名人でソンダルを支えるボウォンに『シークレット・ミッション』など韓国映画界を代表する怪優コ・チャンソク。紅一点の占い師・ユン菩薩を演じるのは『国際市場で逢いましょう』でも印象深いラ・ミラン。チームの末っ子的存在にして清らかな心を持つギョニには、本作が映画デビューとなるK-POPグループEXOのシウミンが演じ話題となっている。国をも動かす巨悪に立ち向かうのはたった4人の詐欺師たち。予想だにしない結末に観客も爽快に騙される!

監督:パク・デミン『影の殺人』

出演:ユ・スンホ『ブラインド』 シウミン(EXO) コ・チャンソク『シークレット・ミッション』 ラ・ミラン『国際市場で逢いましょう』

原題:Seondal: The Man Who Sells the River
公開日:2017年1月20日(金)
公式サイト
http://kimseondal.jp

ⓒ 2016 CJ E&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED

このページの上部へ戻る
© CJ Entertainment Japan Inc. All Rights Reserved.